アンダーヘア処理方法は毛を剃ったり脱毛などがある

###Site Name###

自宅でアンダーヘアを処理する方法はカミソリやシェーバーで剃ったり、セルフ・ブラジリアンワックス、ヒートカッターで行います。

カミソリやシェーバーでの毛を剃る処理でメリットは手軽で簡単、一度で広範囲に処理ができ費用が安いという点です。

デメリットはすぐに毛が生えてきてしまい、伸びてくると毛先がチクチクしてしまう点です。


肌への負担が大きく、角質がはがれてしまったり、カミソリ負けをしてしまうことがあります。



頻繁に処理をすることになりますが、色素沈着など肌トラブルになってしまうことがあります。



毛抜きやワックスで毛を処理する方法のメリットは、毛根から引き抜くため毛が伸びてくるまでの期間が長く、伸びてきてもチクチクを感じることが少ないです。
デメリットは毛を引き抜くときに痛みが大きく、皮膚へのダメージが大きく埋没毛を引き起こしてしまうことがあります。

毛抜きで1本ずつ抜くため時間が掛かってしまいます。

脱毛クリームでの処理は塗るだけで手軽に処理することができ、カミソリのように切り傷を作ってしまうリスクがありません。

一度に広範囲に処理をすることが可能です。

デメリットは肌へのダメージがあり、薬剤にかぶれてしまったりアレルギー症状が発生してしまうことがあります。

脱毛クリームは表面の毛を溶かすだけなのですぐに生えてきてしまいます。薬剤は刺激が強く粘膜部分には基本的に使用不可です。
アンダーヘアのような太く硬い毛よりも産毛の処理に向いています。

ヒートカッターのメリットは切断面が丸くなるためチクチク感が少なく、簡単に処理をすることができ肌への負担がないですが、デメリットは切るだけの方法なため毛自体をなくすことができません。



ワックス脱毛は広範囲での脱毛が可能ですが、毛を引き抜くと同じように痛みや肌へのダメージが大きく、皮膚の中で毛が成長してしまう埋没毛になってしまうことがあります。