脱毛改善には薄毛治療薬と生活習慣の改善が大切

###Site Name###

脱毛は、髪の毛の発毛サイクルがある以上、ごく自然なことです。
人間は、1日約50~100本程度の髪の毛が抜け落ちますが、脱毛の数が150~200本程度ある方は、薄毛の始まりと言っていいでしょう。
男性の方はAGA(男性型脱毛症)に該当する方がほとんどでしょう。

AGAは、男性ホルモンの影響で、髪の毛が育ちにくい状態になったものを言います。

本来、頭皮内にある毛球が大きければ、髪の毛が抜けるのを引っかかって予防しますが、AGAの方は、毛球が小さく、少しの負荷がかかるだけで、髪の毛が抜けやすい状況になっています。



これを改善し、毛根内の毛母細胞の分裂を再び活発化させるためには、薄毛治療を行うしかありません。薄毛治療の方法としては、薬の内服が主流です。

髪の毛の成長を促すミノキシジルと、抜け毛を予防するプロペシアを毎日内服することで、髪の毛の成長を阻害する男性ホルモンの影響を抑え、毛母細胞の分裂が活発になっていきます。



薄毛が改善されても、自己判断で薬の内服を中止してしまうと、1~2ヵ月程度でまた、脱毛が始まってしまいますので、注意しましょう。



また、薬の内服だけで安心せず、生活習慣を改善するよう心がけましょう。

喫煙や過度な飲酒、油ものの多い食事などは、血流を低下させ髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。
その他、心筋梗塞や脳血管障害、ガンなどの病気にもつながってしまいますので、バランスの良い食事と適度な運動も行うことが大切です。